マンガ

魔女に捧げるトリック1話ネタバレ感想レビュー!幕引きと幕開け

スポンサードリンク



2020年8月26日発売の少年マガジンにて、魔女に捧げるトリックがスタートしました。

現実のマジックの解説もあって、面白かったですよ。

今回は、魔女に捧げるトリック1話のネタバレ、感想レビューをまとめました。

気になる方は是非ご覧になってくださいね。

※今回は画像ナシの文章のみとなります。

U-NEXTに新規登録すると、最初にもらえる600ポイントで実質無料で魔女に捧げるトリックをみることができますよ♪

登録はコチラ↓↓

魔女に捧げるトリック1話ネタバレ感想レビュー幕引きと幕開けはじめに

魔女に捧げるトリックの作者は渡辺静先生。

渡辺静先生といえばリアルアカウントが有名ですね。

今回は、17歳でマジシャンとして活躍する針井マキトが中世の世界にタイムスリップして、魔女を助けるという所からスタートします。

現実を魔法に変えろ!さすれば少女達は救われる!

というキャッチフレーズから始まります。

一体何のことなのでしょうか?

気になりますよね!

魔女に捧げるトリック1話ネタバレ

舞台は2021年の東京。

主人公の針井マキトは小さい頃から天才マジック少年ともてはやされていたことと、憧れだった母親を6歳の頃に亡くした影響で心が薄汚れ、情緒不安定な性格になってしまいました。

暴言を吐くし、注意されるとすぐ泣いてしまう。

扱いがとっても難しい子供でした。

時折、母親のことを思い出し号泣するのですが、チョコレートを食べるとメンタルが安定するという不思議な特徴があります。

17歳のくせにゴディバのチョコレートを食べていましたよ。

私が17歳の頃は、明治のミルクチョコレートをバクバク食べていたのを思い出しました。

しかし、マジシャンの実力は超一流。

この日も会場をあっと沸かせるパフォーマンスを魅せつけるのでした。

 

しかし、彼の中ではマジックではなく、針井マキトという有名人を観に来る観客がいることと。

マジックにはタネがあり、魔法を不思議がる人がいない現在に大きな不満があり、引退を決意。

人生最後のマジックである、炎からの脱出を行ったところ、本当に体に火がついてしまい、舞台はそこで終了。

死を意識しながら、気を失ってしまいました。

 

その後、目をさますとそこは別世界。

目の前には中世のヨーロッパの世界が広がっていました。

 

「本物の魔法使いがいる世界にこれたんだ!」

と針井マキトは大喜び。

そんな時に、自分のことを魔女と呼ぶ可愛い美少女・ミアと出会います。

 

早速、ミアに死んだ母親を会わせてほしいとお願いするも断られてしまいます。

話していくうちに、ミアは幼い子供を毒殺した悪い魔女であることを打ち明け、その後兵士に連れ去れてしまい、公開処刑をされることになってしまいました。

 

民衆が見る前で、拷問に遭うミアをみている中でトリックをみてしまったマキト、あることに気づきます。

 

この世界は400円前、無実の人々が魔女とみなされ、処刑をされ続けたヨーロッパの暗黒史であること。

この世界にも魔法使いはいない、とい現実を知りショックを受けます。

 

しかし、ある子供の証言でミアは子供を殺してはいないこと。

本当は病気で苦しみ死ぬ直前だった子供を助ける為に、必死に看病を続けていたのでした。

 

そんな事実を民衆は知る由もなく、ミアを火あぶりにすることが決定。

 

そのことを知ったマキトはミアの頭にトランシーバーをつけ、処刑台に上がるミアを助けます。

 

「選べ、そのまま死ぬか。それとも魔女の汚名を着てでも生き延びるか。」

「本当は悪い魔女ではないってわかっているんだろ?」

と声をかけ、ここでマジックの力を披露。

 

ホウキと紐を上手く使い、処刑台にくくられたミアを助けることに成功しました。

 

その様子が見つかったマキトは民衆から悪魔と呼ばれ、ミアと一緒に逃げ回る。

という所で1話が終了しました。

マキトは早速悪魔という称号を手に入れることになりました・

魔女に捧げるトリック1話「幕引きと幕開け」感想レビュー

6歳の頃に母親をなくし、悪い人たちにだまされ、心に深い傷を負った針井マキトくんの可哀相な一面と、マジックを使いミアを助けるカッコよさにすっかりはまってしまいました。

これから、どんなストーリーになるのか全く想像がつかないです。展開が楽しみです。

ミアもすごく可愛い女の子で、結果的には全然魔女ではなかったですが、今後二人は付き合ったりするのか。

その辺も気になりますね。

本格的なマジックの解説もあり、勉強になりましたね。

魔女に捧げるトリック1話ネタバレ感想レビュー!幕引きと幕開けまとめ

リアルアカウントの作者、渡辺静先生が描いた新連載マンガ・魔女に捧げるトリックがスタート。

簡潔に言うと、17歳の天才マジック少年が中世の魔女狩りの世界にタイムスリップ。

火あぶりの刑に合う前の自称魔女を助けるというところからスタートしました。

展開が全く読めないストーリーで今後に期待が持てます。

今回は、絵なしのネタバレ記事でした。

もし、魔女に捧げるトリックをマガジンでみたい!

という方はU-NEXTに登録することで、ポイントを使えば実質無料で魔女に捧げるトリックをみることができますよ。

ご興味のある方は、是非登録してみてくださいね!

\\初月無料でドラマ、映画が沢山みれる//

▲▲解約の縛りなしで安心▲▲

スポンサードリンク